前書き

対策記事に関しましては
自分はこんな風に対応してみようかなという
試みみたいなものなので一つの考えとして
見て頂ければ幸いです…

パルテナ

今回対策記事を作成するにあたって少し参考にしたパルテナ戦のリプレイです。見てなくても全然問題ありません。パルテナと対戦した場合にどんな感じになるか確認したい方は見てみてください。


 

パルテナの特徴と言えば杖・盾の判定を生かして火力稼ぎや撃墜が狙えるキャラです。遠距離攻撃も二種類あり、機動力もなかなかあるのでかなりバランスがいいキャラですね。

杖や盾による武器判定・二種類の強い遠距離攻撃・高い機動力

纏めると上記の要素になるかと、そしてこの特徴で厄介なのが「杖や盾による武器判定」が一番やっかいです。

パルテナは空中攻撃がとても強いです。スマブラSPを初期からやっている人ならわかると思いますが、オンラインでは弱体化が入る前のパルテナの空Nで皆苦しい思いをしたと思います。

パルテナの空Nは広範囲の武器判定を持続で押し付けることが可能な為、武器判定を持たないキャラや体の大きいキャラ(重量級)を拾いやすく、それでいてかなり火力を稼げるコンボに繋がるためとても強力です。身体の大きいキャラはとにかく巻き込まれやすく、逃げるのも容易ではないです。大きくはないのですが、空中が遅いネスを使っている私もかなり地獄を見せられました。

他の空中技に関しても全部強力なので私の認識としては「空中戦を仕掛けても絶対に勝てないキャラ」という印象です。詳しく言うと空中戦というより空中攻撃合戦では勝てない、という認識です。

他だと「投げの展開」が強いです。掴み性能と機動力が高いので結構投げを通されてしまします。ベク変をミスると撃墜にも繋げられますので、パルテナ戦において「投げを警戒する」と強めに意識して戦うだけでもかなり勝率は変わってくると思います。

弱点としては密着時の展開があまり強くないです。密着で使える発生の速い技もなく、間合いの外から振るような技ばかりなので、パルテナ側は近距離だとなにを振ってリスクとリターンが釣り合わないです。

大体は空中に逃げるか、空Nで暴れるか、投げを通しに行くかって感じになると思います。この弱点はできるだけ突いていきたいですね。

あとは技の後隙が大きめです。なのでパルテナ側としては隙を誤魔化せる空中攻撃を中心に立ち回ります。そうなるとこちら側としては着地狩りを主に立ち回るのが有効です。

なので横の差し合いで強い「ゲッコウガ」や「フォックス」などのキャラが相性有利です。私は今ゲッコウも使っているので、ネス単騎の時よりパルテナ戦はかなり楽になりました。

パルテナの特徴

・盾や杖による武器判定が強い
・空N始動のコンボが強力
・機動力がある
・空中技が全部強い
・掴み性能が高く、投げの展開が強い
・発生の速い技が無く密着展開が苦しい
・全体的に技の後隙が大きめ

【スマブラSP】アイク対策 技や強行動の対策方法と優位に試合を進める為の立ち回りを考察する | DISA LOG

各種技・強行動への対策

空N

早速空Nに関してです。火力稼ぎで一番効率のいい技なのでこちらが低パーなら優先してあてにきます。

まずは迂闊に空中で迎え撃うとしない事です。特にネスなどの置き技が強いキャラは積極的に空中攻撃を押し付けようとしますが、パルテナに関しては絶対にしてはいけません。

ジャンプで空Nを釣るくらいにして間合いの外まで引くようにし、空Nを出し終わった着地展開で戦うことを徹底することが大事です。

当たってしまったら上外にベク変しましょう。空N二段までは当たってしまっても仕方ないです。三回目には逃げられるようにしましょう。最後は空上で締めてきます。かなり難しいですが空上が来ることを意識して逃げられるように調整しましょう。

・低パーなら空Nを警戒
・空Nコンボに対してのベク変は上外

NB

光弾を三発連射してくる技です。縦の動きに弱いのでパルテナ側の使い所としては着地の際を狙って使用してくることが多いです。着地の際は軽く意識してみてください。

少しシビアですがこの技は発生をみてジャンプで反撃をとれます。中距離で使って来たら上から反撃しちゃいましょう。

私はダッシュで詰めている時にこれが当たりがちなんですよね。安定行動としてはやはりシールドです。詰める際はNBを意識してシールドで防いじゃいましょう。

DA

めちゃくちゃ強いDAです。使ってくるパターンは特に他キャラと違いなく着地狩りなどに使ってきます。撃墜を狙えるくらいの威力も持ち合わせています。

この技に対して絶対に技を被せるのはやめましょう。勝てないです。最初は盾の判定が強すぎるのかと思ってたんですがパルテナにも無敵が付いてます。

この仕様知らないでチャンスだと思って結構応戦してしまったりしてたんですよね…

後隙は大きめなのでちゃんと避けてしっかり後隙を狩りましょう。

崖下強

ネスとかだと詰むやつです。崖端で崖捕まりのタイミングに合わせて下強を置きます。判定長くて崖捕まりの2フレームが拾いやすい強行動です。

正直対策とかは私には思いつかないですが知っておかないと苦しい思いをするので…

復帰の際に崖端に立たれてしまったらこの行動を意識しましょう。復帰のタイミングをずらす必要がありあます。キャラによって方法は違うと思うので自分のキャラの復帰タイミングをずらす方法や復帰ルートのバリエーションは複数持っておきましょう。他キャラの対策にも役に立つので必須です。

投げ

パルテナの投げはコンボに繋がる下投げ、%が溜まって入れば後ろ投げで撃墜という流れなので、使ってくるのは主に下投げか後ろ投げの二種類です。

特に崖際で掴まれると危険で撃墜しなくてもかなり展開が悪くなるので注意です。パルテナは振り向き掴みの性能が優秀なので意図的に崖で捲って掴んでくる可能性もあるので振り向き掴みも合わせて意識しておきましょう。

下投げのベク変に関して

下投げをした後は空上、空前、空後に繋げることができます。主にリターンの多い空後を使用してきます。詳しくは把握していませんが安定してパーセントを稼ぎたいからか空前を主に使用してい来る人も一応いますね。

かなり読み合いになるのですが基本的な考えとして、崖端以外は普通通り外ベク変で問題ないです。

重要なのは崖端です。私の体感になるのですが崖端の場合は内ベク変の方が生存率が高いです。外ベクする人が多いので合わせきれないとのもあると思います。当たってもラインを稼げるので撃墜の可能性が減ります。

ただしかなり高パーセントなら確実に外ベクにしましょう。空後を貰ったら確実に撃墜される、というパーセントなら外ベクすれば繋がらないです。

判断が少しややこしいですが自分のキャラだけでも把握しておきましょう。パルテナ戦ではかなりの確率でなりうる状況なので内ベク外ベクの判断はかなり重要です。

崖際で下投げされた際のベク変
・通常時は内ベク変
・空後が当たって確実に撃墜する%なら外ベク変

各種空中攻撃

空前

空前は着地隙が少なくコンボにも繋がる技です。パルテナの空中技の中では気軽に振れるタイプの技ですね。

この技ならネスの空前で上手く当てなくても突破できると思ったんですが私はうまくいきませんでした(笑)

やっぱりどの技も判定が強いです。この技も勝負しないで遠距離かリーチのある空中攻撃を狙って上から被せる方がいいかなと思います。

空上

下を取られてたら絶対に勝てないです。必ず逃げましょう!

タイミングを合わせられるからって空中下攻撃で応戦するのはお勧めしません。ベレトスとかの攻撃を完璧に合わせられるならいけるかもしれませんが…

かなり横にも広いので半端な逃げでは捕まってしまいます。浮かされて下を取られたらすぐに横にずらしましょう。少しでも無理そうなら強行せずにその場回避を合わせてるのもありです。

浮かされた時点で空上を意識して下にいるパルテナに対して応戦しないで距離を取れるようにする事が重要です。

空後

撃墜から火力稼ぎまでこなせる万能タイプの技です。この技も判定で負けることはなくかなり強力です。

着地隙も少なくただ空後を振り続けられるだけで近寄りづらいです。純粋にスペックが高いのでどんな状況でも立ち回りに組み込まれますし正直言うと注意することも対策もないです。

強いて言うならこの技も引き行動が強いので差し込む際は注意です。ピョンピョンはねているところに迂闊に差し込むと引き空後で処理されます。

詰めたいけど空度で近寄りづらい時はダッシュシールドをちゃんと活用していきましょう。単純な策ですがやはりこれが一番堅実です。丁寧に守ってラインを奪いつつ詰めましょう。

パルテナ戦での立ち回り

パルテナはやはり空Nからの火力稼ぎが強力なので序盤に空Nで好き勝手に稼がれないよう意識して立ち回りましょう。特にステージ中央で空Nコンボをもらうと致命的なのでステージ中央の危険性を考えて立ちまりましょう。

パルテナは割と撃墜が難しい部類のキャラです。なのでコンボに対応できずパーセントに差が出ても自暴自棄にならずしっかり撃墜拒否して粘りましょう。後隙は拾いやすいのでいい技が決まって逆転する可能性も全然あります。

基本的な立ち回りで重要なのが、上記でもいいましたがダッシュシールドです。スマブラの基礎的かつ理想の立ち回りになりますが、堅実に守って詰めてラインとを取って有利展開を作りましょう。

パルテナは能力のバランスがいいので基本的なスマブラの立ち回りをするキャラです。なのでこちらもスマブラの基本的で堅実な立ち回を生かすことができます。自分のスマブラ力を押し付けていきましょう。 

注意点としては何度も言いますが空中攻撃です。基本的に判定で勝ちに行こうととはしないことが大切です。そして上記でも記載していますが引き空中攻撃が強力です。基本的に引き空中攻撃を出せるような動きをしているので、ちゃんと返り討ちにあわないか把握してから差し込むようにしましょう。これを意識するだけでもだいぶ変わります。

下の動画のようにゲッコウガのように姿勢が優秀な差し込みに対しても強いです。

まとめ

・序盤で空Nに引っかからない
・空中攻撃に付き合わない
・撃墜拒否して粘る
・ダッシュシールドが有効
・引き空中攻撃を意識する

【スマブラSP】ネス対策 ガチネス使いが紹介するネスの強行動から技の対策を全て教えます

【スマブラSP】スティーブ対策 技や強行動の対策方法と優位に試合を進める為の立ち回りを考察する

【スマブラSP】パルテナ対策 技や強行動の対策方法と優位に試合を進める為の立ち回りを考察する