前書き

対策記事に関しましては
自分はこんな風に対応してみようかなという
試みみたいなものなので一つの考えとして
見て頂ければ幸いです…

ピット

今回対策記事を作成するにあたって少し参考にしたピット戦のリプレイです。この記事を読むうえで見ていなくても全然問題ありません。ピットと対戦した場合にどんな感じになるか確認したい方は見てみてください。


ピットは空中攻撃、投げ、下強などの始動技からの高火力コンボと、バランスのいい性能を生かした立ち回りが特徴のキャラですね。

復帰が強い、と言う訳では無いのですが、ジャンプの回数が多く上Bの飛距離が高いので、初心者でも使いやすいです。全体的に技に癖もないので使いにくさを感じないです。

押し付けたりできる撃墜技が少ないので、結構考えて技を振らないと撃墜難になりがちです。勝つにはなかなか自力が必要にもなるので、上級者向けな面もあります。

ピットは多段ジャンプ(3回)を持っているので、着地狩りに強いです。着地狩りが困難なだけでも結構立ち回りに影響してきますね。

私としては、バランス良いの性能や隙の少ない技構成に加えて、武器判定持ちなのがしんどいです。武器判定であることにより、全体的な性能が高くなっています。

性能の良い遠距離攻撃もあるので、相手に攻めさせ、そこに空中攻撃を置くことにより火力を稼げる、という強パターンがあるのは大きいです。

遠距離攻撃(変幻自在の矢)→相手が攻めてくる→「空N」「空前」を置いて火力を稼ぐ
遠距離攻撃(変幻自在の矢)→相手が詰めてきて固める→「下投げ」からのコンボ

上記の2パターンで立ち回れても結構厄介です。空中攻撃を只管振り回しているタイプであれば割と崩せるのですが、じっくり立ち回るタイプのピットは油断したところを一気に稼がれる危険が高いです。

持続と範囲が優秀な空Nが空中にいる敵を拾いやすく強力なんですよね。下手にぴょんぴょんしてたら巻き込まれて火力を稼がれます。

後はシンプルに復帰阻止が強いですね。復帰距離が長い事に加えて、武器判定なのでかなり攻めた復帰阻止が可能です。復帰弱者はかなり神経使って逃げないと早々に終わりかねないです。

弱点としては、技の発生が遅く、そこそこ軽い所です。この要素は是非対策に生かたいですね。ライン管理を意識するだけでも勝率が変わってきそうです。

復帰に関しては、上Bの性能的に狩に行った方がいい、という意見が多いと思いますが、多段ジャンプな分読み合いが多いので、待って崖で戦ってもいいように感じます。積極的に狩に行くのは選択が上Bのみに絞られいる時ですかね、復帰に関しては人それぞれっぽいです。

ピットの特徴
・投げや空中攻撃からの強いコンボがある
・技構成や性能のバランスがいい
・武器判定持ち
・多段ジャンプ
・復帰狩りが強い
・ごり押せる技が少なく撃墜難になりがち
・そこそこ軽い

【スマブラSP】リュカ対策 技や強行動の対策方法と優位に試合を進める為の立ち回りを考察する | DISA LOG

各種技・強行動への対策

空N

ピットと言えば空Nです。上記でも軽く触れていますが、持続が優秀で対空で使用したり攻めにも使える技です。

この手の技は着地で狩ろうとしがちですが、後隙が少ないので積極的に着地は狙わなくていいと思います。

完璧に読めて差し返せる時だけ着地を狙えばいいです。空Nに対しては無理に攻めるよりはライン取ったり詰めたりして、次の行動に備えることを意識するといいと思います。

重要なのは下を取られたり空中戦をしている時に引っかからないよに意識して立ち回ることです。空中攻撃で攻めようとしている時や、咄嗟にジャンプで逃げようとした時なども巻き込まれがちです。

「発生が早く」「持続がなかなかある」という事を考慮して動いていれば、下を取られた時に巻き込まれないで動く選択が取れるはずです。

当てやすい技ではないので、この技をひっかけようとすると少し無理をする必要が出てきます。そのタイミングを待って、徹底的に置き技で対抗するのも有効です。

迂闊に台下を取られたら暴れて降りたりせずに、一旦しっかり回避を優先するのも大切です。油断するとすぐにこの技に巻き込まれます。

空前

置き技、差し込み技として使われることが多いです。お互い牽制し合っている状態だと空前を置きながら引いて立ち回ります。

ピット戦での間合い管理は空前の範囲を意識すると戦いやすいです。飛び道具を振ったり後隙の大きい技を置くときは空前を意識して使いましょう。

横には圧倒的に強いですが、見た目通りその分上下からの攻撃に弱いです。位置取りが成功しているなら積極的に攻めましょう。

空上

こちらも持続が長い技ですね。見た通り横の範囲も広くて逃げづらいです。

武器判定を持たないキャラなら、まず対抗するのはやめて距離を取りましょう。発生も優秀なので結構様子見されてしんどいポイントで使ってくることが多いです。

少しでも怪しかったら早めに回避でのりきれるよう意識することをお勧めします。逃げるのが難しい認識を持っておきましょう。

威力はそこまでないのですが、空中で当てる分には充分な威力です。落下が弱いキャラは強めに警戒して対応しましょう。

空下

威力が弱いのでそこまで意識しない人が多いですが、がっつりメテオ技です。

復帰阻止に上から来られたらすぐに空下を予期して対応しましょう。

ピットの復帰性能ならかなり強気できます。早期バーストになりえる可能性がかなり高い技なので、崖外の際は常に警戒しましょう。

空後

ピットの撃墜技としてよく使われるのが空後です。高パーセントになったら常に警戒必須の技です。

崖際で掴まれ場合に下投げからコンボで使ってくることが多いです。内ベク外ベクの読み合いをしっかりしましょう。

キャラやパーセントによって逃げ方が変わってきます。投げ技やコンボ始動技に当たってしまった場合は自分の状態から即座に計算して空後に当たらないようにしましょう。

下投げ

撃墜帯でなければ、掴まれたらほぼほぼ下投げをしてきます。浮かされてコンボに繋げられてしまいます。

上記の「空後」でも説明しましたが、ベク変での読み合いをしっかり行いましょう。「とりあえず掴まれたら下投げが来る」を頭に入れておくといいですね。

DA

かなり高性能のDAです。そこそこパーセントが必要になりますが撃墜技としても使用されます。

発生は「7f」です。もう「着地する時は毎回DAが来る」って頭に入れておいちゃいましょう(笑)

 

ピット自体の足が結構速いので、中距離や近距離でも割と無理やり当ててくることがあります。「DAで詰められてしまう距離」を意識しながら戦うと回避しやすいです。

とりあえず浮かされたら最終的にDAを相手にすることを考慮して立ち回りましょう。浮かされなくてもちょっと飛んだり、台の上に乗っただけでも着地でDA狙ってきます。「着地=DA警戒」が必要です。

横B

私だけかもしれませんが、試合の途中に唐突に一回だけ使う、みたいな使われ方をされている気がします(笑)

そうポンポン使ってくる技では無いですが、撃墜もできる技なので自分が瀕死の時は軽く警戒していてもいいと思います。頭の片隅には入れておきましょう。

NB

ピットのNBがうまく使えるだけで強さが一段階くらい上がるらしいです。

厄介な使われ方としては、崖外に飛ばした際に崖際で待っていたり、技を置こうとした際の妨害手段として使われます。

崖外に飛ばした際は、相手がNBを使ってくるか使ってこないか確認してから行動選択を取るのをお勧めします。

一番厄介な使われ方は復帰阻止です。めちゃくちゃエイムがいいピット使いはジャンプや復帰技をNBのえぐいエイムで潰してきます。

崖外に飛ばされた際は、相手のNBも考慮して行動選択を行いましょう。正直相手が異様にうまい場合はキャラによって積みます。ですが、少しでもNBを警戒して動くだけでも生存率が一応あがります。

警戒するのを忘れて、早々に1ストック取られたりしないように気をつけましょう。

下強

かなり使がっていい技です。ノリとしてはゲッコウガの下強みたない感じですね。

発生が早く後隙も少ない上に、コンボ始動技になります。置いて牽制したり、足の速さを生かして攻めにも使ってきます。

上手く使われたら警戒してどうにかなる技ではないので、せめて当たった際にはすぐに反応してベク変で追撃を回避できるように意識だけでもしておきましょう。

各種スマッシュ

上スマ横スマ下スマと全部性能高めです。私的には一番上スマッシュが厄介です。

上スマッシュはかなり発生が早いので、着地が弱いキャラは常に優先して警戒しましょう。着地でなくてもジャンプ読みであったり、ダッシュ→上スマ、みたいな流れも多いです。

撃墜帯になった場合は上スマは優先度高めで警戒しましょう。

横スマッシュは崖際や復帰時に警戒が必要です。横スマはリーチに優れていているので、リーチを生かせる崖際やラインを詰めた時、崖上がりなどに使用してきます。

とりあえずラインを詰められた時は横スマ警戒です。

あとは割と強い下スマですね、発生が早いので後隙やその場回避からの反撃などで使われます。発生が「5f」のスマッシュ攻撃ということを頭に入れておきましょう。

ハイホーウィズゲームズ

ピット戦での立ち回り

ピット戦で重要になってくるのは、「空N」「下強」「掴み」のコンボ始動技に当たってしまうわない事です。

「攻め」が強いキャラではないので、NBなどで攻めさせて「空前」などの空中技を置きながら戦うことが多いです。

なので、置き技対策としてステップを多めで立ち回ると崩しやすいです。下手にぴょんぴょんしていると空中技に引っかかたりするので、それよりはステップで釣ったりしましょう。

遠距離攻撃が強いので、シールドが多くなりがちです。シールドが多めだと、ダッシュスピードを生かした掴みが通されやすくなるので、掴み対策も意識したうえでステップを使うようにしましょう。

ピットはそこそこ軽いので、ラインを確保しつつ火力でごり押すのもなかなか有効です。基本的に隙が少ないキャラなので、ガンガン攻めるよりじっくり詰めていく方が有効です。なので、ライン確保を意識する立ち回りが一番ベストな戦い方だと思います。

攻め攻めのピットも結構いますが、ピット戦は牽制し合いのそこそこ我慢が必要になってくる試合が多いと思います。ピットに対して空中技(主に空N)に引っかかるのはかなり罪が重いので、火力を意識するより慎重さを意識した方が勝率がいいように個人的には思います。

身体の大きいキャラなら、特にファーストタッチを取られないよう慎重に動きましょう。

私の経験上、NBのエイムが異様にうまいピット使いはめちゃつよピットの事が多いです。試合開始後に一度距離を取って遠距離合戦で実力を見るのもありかもしれませんね(笑)

「ピット対策記事」