悩みに対応できる人生を

悩みって尽きることがないですよね。大きい悩みから小さな悩みといろいろありますが、人というのは常に悩み続けています。

言っていしまえば人間死ぬまで何か悩んでいて、それの解決策が何かないかと考え続けて終わらない生きものかもしれませんね。

そうなってくると「悩み」に対しての対応策はより良い人生をおくるうえで知っておかないといけない事だと思えます。

そんな悩みに対して、今回は理想に近い解決策を生み出す方法を脳科学的に出す術を紹介していきたいと思い思います。

かなり周りくごく説明していますが、方法よりどうすればよい解決策を生み出しやすいか、を重視しているからです。これをしっていれば別の方法でも解決策が生み出せる脳を作ることができるので、仕組みに関しても意識して読んでいただければ幸いです。

肩コリ・猫背・ストレートネックの人にオススメしたい熟睡できる枕【ブルーブラッド(BlueBlood)】 | DISA LOG

「悩み」を解決させるために必要なもの

「悩み」に対して必要なものとしては、「解決策」が必要になりますよね?あとは現在の状況や自分の理想など、いろいろな細かい要素と調整も併せて必要となります。

そんな「解決策」などの妙案は思いつく必要があります。そしてそういった案を生み出す際に必要になってくるものが「創造性」なのです。

悩みを解決させるためには「創造性」を高める必要があるということです。

創造力を生む前頭前野

では、どういった創造性はどのようにすれば高めることができるようになるかというと、前頭前野を活発に働かせることによって創造性を得ることができます。

人間が悩んでしまうようになったのもこの部位のせいかもしれませんが(笑)そういったことを含めて、前頭前野は人間を人間たらしめる脳の部位です。

考える、行動や感情をコントロールする、集中する、判断をくだす、記憶する、人との関係を保つ、などなど様々な能力を発揮する事ができる部位です。「脳の司令塔」的なポジションだと言われています。

悩んだ時に取るべきお勧めの行動

ここまでの話を纏めると、下記の二つが重要になってくると事が言えます。

・悩みの解決策を出すには「創造性」が必要

・「創造性」を高めるには「前頭前野」の働きを活発にさせること

どうできればいいか、を簡単に言ってしまうと、とりあえず「前頭前野」を活発に働かせることさえできれば勝手に創造性が高まるといことです。

では、「前頭前野」を活発にしてくれる「悩んだ時に取ると良い行動」は「ウォーキング」をすることです。

悩んだら「ウォーキング」をしましょう。

運動はかなり脳に効果的なものなのですが、ウォーキングに関しては、特に脳に絶大な効果があります。なんかただ只管歩いてるときっていろいろ浮かびませんか?なにか考え付きそうな時って歩き回ってる事がよくありませんか?

※海外の大学の研究者によると、「歩いている時の足への衝撃が体内に圧力はとなり、動脈を通じて脳への血流が大幅に増加する」という事が明らかになったそうです。

※ニューメキシコハイランズ大学

脳が刺激されている、とかならなんとなくわかりそうだったんですが、まさかの「襲撃により血流が増加する」というのでびっくりした。要は脳にめぐる血液量がアップして脳の活動が活発になった、というわけですね。

「立って仕事をすると効率が上がる」なんて言いますが、似たような仕組みなんですかね?(調べておきます…)

ウォーキングによる効果は様々で、「気分が高揚してくる」という効果もあります。悩んでる時ってネガティブな思考に陥りやすいので、しっかりと気持ちを安定させて考えれるというのはかなりの利点だと思います。

複雑な問題であればあるほど、長い散歩をしてじっくり思考すると良いです。不意にいい解決策が思いつく可能性が高くなります。

ウォーキングには記憶力アップの効果もあるらしいです。悩んだらとりあえず一度外に出て、いろいろ見て回って気分転換をしてみましょう。

悩んでいる時にしてはいけない事

とりあえずやっていはいけない事は「部屋で一人で考え込むこと」です。

脳に刺激もなくネガティブな思考だけで脳がいっぱいになります。その悩みからでるストレスを感じ続けるだけになりますね。

とはいってもネガティブな思考は永遠と意識に絡みついてきます。なのでそんな場合はなにか別の事に熱中するのが一番ですね。とにかく一人で悩み続ける状態にならないように注意しましょう。

もうひとつは「酒を飲んで忘れうようとする」です。

単純に身体に負担がかかって健康的によくないですね(笑)こういう場合は大抵身体を酷使して飲むことが多いので…

「これが一番ストレスに利く!」という方は限度を考えて飲むのはいいかもしれませんが、悩みの度に飲んでたら依存症になってくる危険性があります。

日々の頑張りや我慢に対して労いの意味を込めてたまに楽しむ、くらいが私は理想だと思っています。とりあえず飲みすぎには注意しましょう。

要点
・部屋で一人考え込まない
・お酒に頼りすぎない

まとめ

言ってしまえば、「悩みにはウォーキングが良い」というだけの話でしたが、私としては「創造性」や「前頭前野」を意識して脳を活発にさせ、悩みを解決する術を身に着けて欲しいと考えて書きました。

この二つを意識できれば「ウォーキング」ではなくても他のもっと自分にあった脳を活発にする方法があるかもしれないので、この記事がきっかけで「創造性」と「前頭前野」の関係性を意識していただければ幸いです。

いつだって最終的には自分の脳内で判断します。悩みと言えば「人に話す」という方法がありますが、細かい条件や、許容するラインなどは自分しかわかりえない事です。

そうなってくると、やはり自分の脳の判断が重要になってきます。自分の脳の状況などを少しでもいいので意識して思考するようにしましょう。

脳科学的に効果のある悩んだ時に有効な対処法。理想の解決策を導く為の手段