ゲームが生きる時代

今の時代、「ゲーム」というコンテンツがどんどんが発展していっています。特に勢いをつける要因になったのがeスポーツです。

 

eスポーツ」として、競技性の高いゲームは、一般的な身体を動かすスポーツの大会と同じように大きな大会が開かれ、スポーツ観戦としての需要も高まっています。

 

単純に技術が進み、今のゲームがどんどん面白くなっていってるのも大きな要因ですね。よりリアルに、より革新的にと、面白いゲームが作ら続けているので、これからも勢いが落ちることはないでしょう。

 

何気に大きな影響があるのは「YouTube」の存在です。

 

今の人は家で暇さえあれば大体の人はYouTubeのアプリを開くでしょう(笑)自分の好きなジャンルが見ることが出来るので、万人受けする今の時代の最強コンテンツです。

 

そんなYouTubeで人気のジャンル言えば………そう、 YouTuber(ユーチューバー)」です。

 

「VTuber(ブイチューバー)」などの配信者全般にあてはまることなのですが、皆さんやる事と言ったらゲームですよね。VTuberなんかは「アイドル」的な人気もあることから、影響力も強いです。

 

この「YouTube」と「配信者」の影響で、ゲームというコンテンツはさらに勢いが増していきます。配信者から影響を受けてゲームを始める、という場合もあるだろうし、ゲームのプロが配信者になることもありますし、どちらのジャンルであってもお互いに勢いを高めます。

 

YouTubeじゃなくてもいいんですが、配信などの動画文化が廃れない限りゲームというジャンルはこれからも勢いを落とす事はないでしょう。

 

昔は「ゲームなんてしないで勉強しなさい!」と言われていたのですが、そんな中隙をみてゲームをしていた人たちがもう親になっている時代です(笑)

 

親も子供もゲームが大好きという家庭はこれからも増え続けるでしょう。家庭ぐるみでゲームをする影響で、年齢から性別まで関係な幅広遊ばれるようになっています。

 

そうなれば、制作から広告、配信者やデザイナーとゲーム関係の仕事はどんどん増えていきます。そこで、「ゲームがうまい」「ゲームの知識がある」というだけで、かなりいろいろ役立てる人材になるでしょう。

 

昔は、「ゲームばっかりしていてもなんの役にも立たない」「ゲームは脳に悪影響」などと言われていましたが、脳に悪影響が無い事なんて今や周知の事実だし、ゲームの技術が役に立たないこともないです。

 

今はゲームを人生に生かしやすい時代になっていると私は思います。

 

今回はゲームを上達させる術と、ゲームが脳に与える影響を紹介します。

 

 

ゲームで脳は発達する

「ゲームは脳に悪い」なんて言われてきましたが、もちろんそんなことはありません。むしろ脳は圧倒的に鍛えられます。

 

普通に考えて、FPSだろうが格闘ゲームだろうがパズルゲームだろうが脳をフル回転させますし、頭を使うことにより鍛えれます。

 

ゆったりめのゲームでもリラックス効果であったり、そういったゲームは創造力や独創性を高めるたりするものが多いので、才能開花にも役だったりします。

 

eスポーツ」のような競技性の高いゲームであれば、「思考力」「判断力」「反応力」「動体視力」「空間把握能力」などが向上します。

 

特に「空間把握能力」が高くなると言いますね、ゲームをしていると、地図を読む力が強かったり、道に迷いづらくなります。

 

「動体視力」の向上は、単にモノを追う力が強くなるだけではなく、「状況把握能力」が高くなます。この能力は、仕事などにも大いに役立ちます。瞬時に状況判断できる人間になりますし、「ミス」が少ない人間になります。

 

「動体視力」と「ミス」って関係無いように感じますよね?ですが、大いに関係があります。動体視力は眼で捉える力に関係しているので、「見逃し」が減り、見ている対象への「理解力」が大幅に向上するのです。

 

止まっているものであろうと、「よく見える」というだけで、人間の能力は大幅に向上するのです。動体視力による影響や鍛え方を纏めた記事もあるのでよければ読んできてください。

 

教えてもらう事でゲームは飛躍的にうまくなる

私は「大乱闘スマッシュブラザーズ」というゲームが好きで、自分で読み返す用レベルですが対策記事とかも作るくらい熱中していました。

 

最初の頃は、「ゲームはプレイ時間が長ければ強くなる!」って思い込んで只管やっていました。ですが、まったくそんなことはありせんでした…

 

同じことの繰り返しをして、半年くらいたってやっと気が付きました。「あぁ…ぜんっぜん成長してないな!」って(笑)

 

最悪、あとから始めた人にガンガン追い抜かれるしまつです。やはり、上に行くためにはプレイ時間だけではどうにもならない、ってことに気が付きました。

 

なにより、「プレイ時間で勝つ」という事は不可能なのです。絶対に自分よりも長い時間遊んでるやつがいるんです。

 

謎に「自分ならプレイ時間さえ稼げば…」なんて思っちゃうんですよね……ダメです。自分だけ特別なんてことはそうそうありません。皆同じように思っています。そして皆同じように頑張ってます。

 

上手くなるためには皆がやっていない特別なことをする必要があるのです。

 

ずばりそれは、うまい人からの直接指導です。

 

なぜかというと、当たり前のことですがその人は上に行く術を知っているからです。その人と自分の違いでいったら、術を知っているか知っていないか、という点です。

 

個性を磨くのは術を知った後です。上のレベルの人から「勝ち方」「上達法」「考え方」など、結果が伴っているリアルな情報を教えてもらいましょう。

 

どんなことでもそうです。ピアノのプロになる為には間違いなく、ピアノの先生を付けてもらいます。独学で行くなんて今の時代不可能に近いです。

 

たとえそれがゲームであっても例外ではありません。手探りでやっていたら時間が持ったないうえに周りに置いて行かれます。

 

ここで出て来る問題は「教えてくれる人」ですね。教えてくれる人はとても重要です。

 

上手い人にお願いしてみる、と考えると思いますがそれではダメです。「お願い」というのは何の強制力もなく、「責任」も伴わないからです。

 

恐らく教える人は自分より上のレベルでも「教えるプロ」ではありません。ましてや「お願い」レベルなら気分で意見を変えたり、親身になって考えることないでしょう。いい加減なことを教えられてれり、態度が悪かったり、上達しなかったりしても教えてる側はわるくないのですから

 

なので教えてもらう条件としては

・高いレベルのプレイヤー
・教えるプロ
・指導に「責任」が伴っている
・親身になって対応してくれる

 

とても難しい条件ですよね?ですが、この条件に見合った先生を探せる方法が「ゲームの家庭教師」です。

 

そのゲームの家庭教師を紹介してくれるサービスが「ゲムトレ」です。

 

ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』

ゲムトレ」とは、日本初となるゲームのオンライン家庭教師をしてもらえるサービスです。優秀な結果を残したプロゲーマーや世界大会の出場経験を持ったプレイヤーが在籍しています。

 

多くの人を指導した経験もあり、ゲームの実力から指導力に関してもプロが集まっています。

 

「楽しく脳を鍛える習い事」というコンセプトもあり、ゲームがうまくなる事をだけを目的とせず、人としての成長も意識しています。

 

「ゲームを真剣にうまくなりたい…!」と思うのなら、私は「ゲムトレ」を強く推します。

 

上手くなるのに誰かの指導は必須として、そこら辺の人に教えてもらうより、確実に自分の力になるし、「契約」という形で繋がるため、指導者も真剣に対応してくれます。

 

お金はかかってしまいますが、逆にお金を払うだけで最高レベルのプレーヤーに指導してもらえると考えればとんでもなくありがたい事です。

 

普通はお金を貰っても自分の為だけに指導なんてしてもらえませもんね。

 

脳の成長にも繋がるので、単純に「楽しくゲームが上手くなりたい」という方でも充分なメリットになると思います。

 

楽しみたい方もガチりたい方も一度、本物の実力をもった人から指導を受けてみませんか?気になる方は下記のバナー、又は「ゲムトレ」からいけすますので一度覗いてみてください。

 

「体験会」なども実施しているので是非活用してみてください。

 

 

「脳科学 心理学 から学ぶ記事」