浮気の理由

アメリカの心理学者が行った調査によると、アメリカ人女性が浮気をする目的は性欲を満たすためではなく、自分の心理的な欲求を満たすことが重点に置かれていたそうです。

主に「自尊心を満たしたいという欲求」「良い人間関係を構築したという欲求」になります。

だいたいのカップル・夫婦が付き合いが長くなってくるとマンネリ化してきます。この現象を避けることはとても難しいでしょう。

そんな時に「キレイ」「可愛い」「好き」と異性に言われてしまうと、揺れ動いてしまうのも人間というものです。

人には「好意の返報性」という性質があり、「好意に対しては好意的に対応したがる」という心理が働いてしまいます。

その心理に加え、誰であっても常に「誰かに認められたい」「高い評価を得たい」「みんなに好かれたい」「注目を集めていたい」という欲求を持っています。

「自分のことを好きでいてくれる人がいる…!」という状況に陥れば、上記のような心理が働いてしまい、浮気に走ってしまいやすくなっているのです。

「好意の返報性」に関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、よければ併せて読んでみてださい。

浮気をしやすい人の心理

「どんな性格の人が浮気しやすいか」ということも調査によって判明しています。

ナルシストな人

浮気しやすい人はまず第一に、「ナルシストな人」が多いと言われています。

ナルシストな人は自分が一番可愛いと思っているので、人の苦しみや痛みを理解しづらい傾向にあります。相手のことをそこまで考えないので簡単に浮気できてしまうのです。

そして、ナルシストは上記で説明したような「認められたい欲」が強いです。もし、パートナーが褒めてくれなくなってしまえば、褒めてくれる次の相手を探してしまうでしょう。

ですが、「褒めて欲しい」「ちやほやされたい」という欲求は誰にでもあるので、蔑ろにされれば誰にでも起こりうる可能性があります。あくまでナルシストな人は可能性が高いというだけです。

良心の感覚が鈍い人

二つ目の特徴として、良心や誠実さといった感覚が鈍い人が多いです。

単純に不真面目さは浮気をしてしまう確率に影響する、ということです。「誠実な人」は周りの目であったり状況に関係なく、自分の思う「正しいこと」への姿勢を崩さないです。

不真面目な人は感情や欲求に抗う力が弱いので、やはりどこかで流されてしまう危険が高いのです。

良心が重要がになってくるのは当然ですね。自分のパートナーのことを考えれば浮気なんてしようと思わないです。

「悪い事をしている」「パートナーを傷つけてしまう」と良心が常に働く人であれば、流されてしまったりはしないでしょう。

衝動的な人

感情の赴くままに動きがちな人は浮気してしまやすいのは当然と言えるでしょう。

「衝動性」とは、たとえそれが悪い結果になると予想ができても、目の前のことに対して深く考えず動いてしまう行動性のことを言います。

そんな人はそもそも「抑える」ということを頭に入れていないことが多いです。衝動的な人に関しては、良くない結果になること、その行動を禁止することを第三者が常々伝える必要があります。


もしも自分、又はパートナーに上記の傾向がみられるのであれば、改善や注意が必要になるかもしれません。

浮気は人の心理や性格が絡んでくることなので、相手をある程度ですが、疑うことを悪ではないと私は考えています。ただただ信じこむことだけが正しいとは限らない、と軽く頭にいれておくくらいは必要なんじゃないかと思います。

浮気しやすい人
・ナルシスト
・良心の感覚が鈍い人
・衝動的な人

浮気をされやすい人

「浮気なんてする方が悪い」というのは当然のことですが、その浮気の原因となるのがパートナーの不満からくることが多いのも残念ながら事実です。

では、どんな人が浮気されてやすいのかというと、喜怒哀楽が激しすぎる人は浮気されやすい傾向にあることが分かっています。

付き合っていれば一緒に居る時間が長くなるのは当然です。同棲したり夫婦ともなれば、ずっと一緒にいるのと変わらなくなるでしょう。

人の心理的に、長い時間一緒に居る人に求めるのは「安心」や「安らぎ」であることが多いです。だからこそ心を開けば開くほど、自分の本当の姿を晒していくものなのです。

この差が人間関係を難しくしていると言ってもいいでしょう。「刺激」を求めて付き合っても、最終的な求めるものの違いから関係がこじれることも少なくはないでしょう。

そんなパートナーに求められる安らぎですが、ずっと一緒に居る人の情緒が安定しなかったらどうなると思いますか?

腫物を扱うような慎重な動きが求められます。そうなればずっと警戒状態となってしまい、心休まる時間は減っていくことでしょう。

最終的には自分もイライラしてしまい、パートナー以外から安らぎを求めるようになってしまいます。変な趣味にハマってしまう男性も、こういったことが原因なのかもしれませんね(笑)

寛容過ぎる人

「優しすぎる人」「少し抜けている人」というのも浮気されやすい傾向にあると言われています。

やはりある程度のプレッシャーが無いと相手が自由になり過ぎるのかもしれません。関係は対等であることが必要になります。

片方が依存しているような形だと、どうしても依存されている方はそれにつけこんでわがままな行動を取りがちです。

一般的にですが、「捨てる・捨てない」の前提条件があるのでは、それは交際が成立してるとは言えないと思えます。形は自由ですがお互いにそのことを意識できる関係が理想なのかもしれませんね。

浮気されやすい人
・喜怒哀楽が激しい人
・寛容過ぎる人

浮気をし始めた時の行動

見た目に気を遣うようになる

今まで全然気にもしなかったお腹の脂肪をどうにかしようとしたり、「ダイエットしようと思って」と突然言い始めたら危ないかもしれません。

理由を聞いた時に、「前からやろうとは思ってた」「なんとなく」「別に理由なんて…」のような反応であれば少し疑ってもいいかもしれません。

浮気以外の理由で始めるなら、何かキッカケがあることの方が多いです。テレビや映画や動画見て、いいダイエット商品だったり方法を見つけて、みたいな理由があることが殆どです。

エピソードでもなんでも「具体的な理由」が無く、ダイエットを始める人は少ないでしょう。

新しい服とかに関しては、特に理由が無くても買う人は多いと私個人的には思います。ファッションは楽しいですからね。

ただ、手を出さなそうなモノを身に着け出したら危ないかもしれません。突然そういったモノに目覚めることなんてそうそうないでしょうから、それこそキッカケであったりプレゼントの可能性が出てきます。

スマホの触り方が変わる

関係が始まるとやはりメッセージの量が変わります。これはだいたいの人に言えることでしょう。

普段からゲームなどでスマホを弄り続けている人は多いと思いますが、メッセージに関しては明らかに触り方が変わります。意識して見てればすぐにわかるでしょう。

普段からSNSでのメッセージが多い人であっても、一定間隔でのやり取りとでは違いが出てきます。「ツイッターでもしているのかな?」なんて気にしない人もいると思いますが、メッセージの間隔にも注意してみましょう。

その間隔が一週間でも続けばかなり怪しいです。普通に考えてSNS上の友達と何日間も一定間隔で話し続けることはないです。

していたならそれはそれでその人が怪しいので(笑)浮気の入り口はSNSでのやり取りからが多いということを頭に軽く入れておきましょう。

怪しいと思ったら

浮気をしてしまう心理、性欲以外の理由でも人は浮気をしてしまう