出会いがない人の対処法。心理的なブレーキを外して行動する方法

出会いがない

恋愛の悩みで、多くの人が持つ悩みは「出会いがない」ということでしょう。その気があってもチャンスや機会が無いと嘆いていませんか?今の時代に多い悩みはこれです。

どれだけイケメンでも、どれだけ美女であっても、出会いがない状態からの恋愛は不可能です。「職場」→「家」を無限ループしていて新しい異性との交流がない人は本当に沢山います。

「過ごしていたらなんやかんや出会いはあるだろう」と生活していたら、その不安はいつの間にか「このままずっと出会いなんてなく年を取り続けるのか…?」という悩みに変わっていきます。

正直、普通に生活していて出会いがないなんて当たり前です。現時点の職場や友人関係で出会いがな人が、たまたま新しい出会いをするなんて交通事故にあうくらいのミラクルがないと無理です。

そしてこのまま「環境が悪い」と言ってても状況は変わらないままです。

だからと言って、「ナンパ」「婚活」「相談所」を利用するのは何かが違う、ってなって、やっぱりなにもできないままになります。

ですが、正直いってこういった「出会うための行動」は必要になります。先ほども言いましたが、周りにチャンスがない状態で運命的な出会いができるなんてかなりのミラクルです。

出会うためにはやはり自分から動くしか解決策は無いのです。もちろんそのまま生活していたら運命的な出会いができる可能性はありますが、それは運に頼りきっている状態なので変わらないことが殆どでしょう。

問題は「出会う行動をとれるか」という点です。なので今回の記事の主旨としては、心理的に「出会えるように行動できる状態」になりやすくなる方法を紹介します。

「運命的な出会いができる方法」は紹介できませんのご了承ください。

やはり何事も行動が大事です。恋愛したくて積極的に動くことはとても素晴らしい事です。そして意地を張って一人で寂しい思いを我慢し続ける行為は恥ずべきことです。

ここまで読んで少しは、「自分から行動してみようかな」って思った方は是非読み進めてみてください。心理的にフットワークが軽くなってたり、成功率も上がると思います。

出会いたければ目標と段階を決める

気にする

「出会うには行動が必要、はい動け!」って言わて動けませんよね。ではなぜ動けないのかを説明します。それは「目標」を持っていないからです。

「出会って恋人を作ることが目標じゃないの?」ってなると思いますが、実現させるためにはもっと細かく具体的にする必要があります。

そのためには、目標に至るまでの段階を分けて行動していくことが必要なのです。

目標を立てて段階を分け、一つ一つ達成していくことが難易度の低下により行動力の促進に繋がります。人間の脳は「成功」や「達成」が大好きです。ましてや自分の為になる簡単な課題を作れば「成功」のビジョンが単純明快なうえに達成した時の恩恵が大きいです。

最初からパートナーを作るつもりで考えるから動けないのです。最初の課題は「とりあえず一回出会えそうなところに遊びに行く」くらいでいいんです。最初の一回で相手を見つけきれたらかなりラッキー、くらいの気持ちで臨みましょう。とりあえず行くことが目的です。

なんならもっと簡単でもいいです。今できることは自分がいける近場で、出会えそうなところを三件ピックアップしておく、くらいでも充分です。そうすれば次の課題は「とりあえず行ってみる」に設定できます。

分けてクリアしていけば、そんなに考える必要もなくなって、行動も思考も楽になっていくし、確実に前進していきます。期限とかもないでしょうし自分のペースでできますしね

自分に合わせてハードルを低くしていきましょう。相手を作る作らないは後にして、とりあえず「マッチングアプリに登録してみる」とかもいいかもしれませんね。

ポイント
・目標を立てて段階的に分ける
・簡単な目標を立てて行動力を煽る
・ハードルを下げて一つづクリアしていく
・最初から相手を見つけるつもりで動かない
・「とりあえず」か始めてみる

心理的ブレーキを外す

心理的ブレーキ

ハードルを下げたり、「とりあえず」で行動しろと言われても、動けない人は全然いると思います。

そんな行動にブレーキをかけてしまう人は、いろいろなマイナス感情に意識が行き過ぎている人だと思います。

不安になる事ばかりを考えて動けなくなってしまう人結構多いんですよね。「不安になる」という状態は気分が落ち着いてなくて心が楽な状態になっていないからです。

このようなメンタルの人は恋愛だけでなく仕事なども上手くいかない人が多いです。メンタルはどんなことにも影響してきます。

行動に移すのが怖い方はとりあえず、「マインドフルネス」を心がけましょう。マインドフルネスは自分を意識して見つめなおして、自分の現状を深く把握することができます。

主に「マインドフルネス瞑想」などが主流で、ストレス軽減や集中力アップの効果が期待できます。

案外、不安に思う事はどうでもいい雑念から来たりします。余計な事を考えるから不安を煽り行動力をそいでしまうのです。

自分の「今」を深く理解することにより、雑念を払う事で精神的に余裕を持てたり、冷静で客観的な思考がしやすくなります。人は「外」を意識しすぎているのです。周りがそこまで気にもしていない事を考えすぎたりしています。

冷静に自己を見つめなおして、無駄な不安を払い心理的なブレーキを少しづつ外してきましょう。

結局「何にビビッて動けてないんだ?」「周り気にして幸せを逃していいのか?」と考えきれるようになれば最高ですね。今という時間は有限で、とても短いのですから。

実は気のある人が周りにいる

出会い

「職場や身の回りに出会いがない!」とはいっても、一人くらいは職場とかに気になる方がいるのではないですか?ただ「特別な関係になるのは無理…」って決めつけて諦めているパターンもあると思います。

ですが、人の心は案外わからないものです。実はワンチャン可能性があるかもしれません。

人の心はわかりづらくても、人の態度はわかりやすいものです。

職場の人であれば会話くらいは簡単にできますよね?そんな相手の心理を予想できる方法があります。気になる人がいるのであれば一度相手の本心を確かめてみましょう。これも出会うための行動の一つです。

相手の本心を確かめるポイントとして、見るべきところは相手の姿勢です。

もし、本当に興味をもって話しを聞いてくれいてたら、相手は身を乗り出すような姿勢を取ってきます。

逆に、興味を持たれていない場合、又はあなた自身に興味を抱いていない場合は、軽く身を引いた姿勢を取っている事が多いです。

人間の本能的なもので、自分が嫌悪感を抱くものには物理的にでも距離を置くように行動するのです。

椅子を使った親しさを測る実験

カリフォルニア大学のロット博士による実験で、椅子とテーブルを用意して、実験参加者の二人を自由に会話してもらう実験を行いました。

「椅子を動かして自由にお話ししてください」と告げて様子を窺うという内容です。

親しい間柄であれば椅子を近づけて会話を始めるのに対して、初対面の相手であったり、苦手意識のある相手だと、椅子を後ろにずらす人が多くいたそうです。

人は苦手な相手や生理的嫌悪感を抱く対象からは距離を取ろうとします。心理的に距離があると物理的にも大いに影響を与えるという事がよくわかりますね。

距離感って大事ですよね、相手を見つける上で無視できない大事な要素だと思います。パートナーを探す時は相手との距離感を意識するようにしてみてください。

シィダ

「脳」をテーマに情報を5年以上発信しており、人生が豊かになるような脳科学の記事を書いています。最近では「人工知能(AI)」に興味を持ち、「ChatGPT」や「Stable Diffusion」を触っています。AI画像生成が趣味で、「X(旧Twitter)」に挙げて遊んでいるの良ければ覗いてみてください。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする