成功者の共通点

あなたの周りには「この人は成功しているな」「社会的地位もしっかりしている」という人はいますか?

または「自分は成功していると思う」「他の人より地位は高いと思う」という人もいると思います。

そういった「成功者」って、一般的な人とは雰囲気が違うと感じませんか?

どこが違うかまで意識している人は少ないと思いますが、なんとなく違いを感じる人は多いはずです。

行動に違いがあるのは誰が見てもわかるとして、なぜ、行動が変わり、結果も一般人と大きく異なっているのかというと、

成功者には使わない言葉があるからです。

その使わない言葉は、私達が常日頃から多用する言葉が多く含まれています。

「言葉」の影響力はとても強いです。発する言葉次第で、自分自身にも、周りの人にも大きく影響します。

「人生を変えたい」「自分を変えたり」「成功者になりたい」「社会的地位の高い人になりたい」、という人は、とりあえず成功している人の言葉から、自分を変えてみてはでどうでしょうか。

今回は、「成功者が使わない言葉」を紹介していこうと思います。

成功者が全く使わない言葉

社会的地位があり、成功している人の使う言葉の調査が、いくつかの研究でされました。

そこでいくつかの言葉が選べばれ判明したことがあります。

それが、成功している人たちがまったくといっていいほどに使われない言葉が存在する、ということです。

「言葉」は人を動かし、自分を動かします。自分の発する言葉で人生は大きく変化していくでしょう。

どうせだったら、人生をいい方向に変えていきたいですよね。それならば、成功者の真似をするのが一番です。

下記から成功者が使わない言葉を紹介していくので、参考にしてみてください。

避けるべき言葉 「でも」

「彼の演奏はとてもよかったね、でも、私は前の演奏をした人の方が好きだ」

「でも」という言葉は、無駄に反論を招くことが多いです。「でも」を使うことによって、その前の文章は否定されることになります。

この場合は「彼の演奏」が無駄に否定されています。その前の人の演奏を称えるのに彼の演奏を否定する必要はないでしょう。

「でも」の代わりに、「そして」などの言葉を使うといいかもしれません。その方がポジティブな印象を持たれやすいでしょう。

避けるべき言葉 「たぶん」

「たぶん、間に合わせることができます。」
「たぶん、行くことができるよ」

よく使われる逃避手段ですね。自分が把握できておらず、不確かであることを露呈していますし、あなたがそれを望んでいない印象を与えてしまいます。

自分が「たぶん」と使う時のことを思い出してみて欲しいです。恐らくその場をやり過ごしたいと思っているでしょう。

逆に、「たぶん」と言われた時のことを思い出してみてください。改めて考えてみると、この言葉を言われた時は満足することはなく、軽く不満が残ることが多いでしょう。

誰でもハッキリとした態度を取る人と一緒に行動をしたいですよね。

「今はかなり立て込んでいますが、間に合わせれるよう、できるだけのことをします。」

「早く予定を終わらせることができたら、合流する事ができるよ、とりあえず連絡はするね。」

少し手間かもしれませんが、それ以上に、あなたが得る周りからの評価は大きく変わるのではないでしょうか。

避けるべき言葉 「いつも」「また」

「また○○になってる」

「いつもあなたはそう言って…」

これを言う人はかなり多いのではないでしょうか、何度も何度もしているわけでもないのに、「また」「いつも」と勝手に付けて相手を無駄に強く批判します。

この言葉が混じった会話をして、喧嘩にまでなってしまったことが誰でも一度はあるのではないでしょうか。

これらすべてをいっしょくたにすることで、状況を改善することがよけい難しくなります。

もし、相手が自分を変える努力をしている途中とかであれば、やる気が薄れるだけでなく、その不満はこの言葉を放った本人に向くことになるでしょう。

相手に変わってほしいのなら、ただ批判するのではなく「やめて欲しいから今度からは…」と一つ一つに向き合って言葉を発しましょう。

避けるべき言葉 「本当のことを言うと」

「本当のことを言うと…○○だと思ってたんだよね…」

言った本人としては、心を開いて正直に話したつもりなんでしょうが、言われた側からしたら、今まで騙されていたのか?と思ってしまうことがあります。

正直さを強調する為に使う言葉としては、ネガティブ要素が多すぎる言葉です。

「本当のことを言うと」と挟めば、言いづらいことをも言いやすくなりますが、相手にしっかり伝えたい場合は、この言葉を我慢して挟まずに伝えてみましょう。

「ずっと思ってた」って感じが混ざるより、あなたの本当の今の気持ちがより伝わります。

成功者は話を聞く

人は誰もが、自分の興味のある話、自分の業績、自分の人生観などを語るのが好きだし、聞くもの好きです。

相手の「個人的」な話を積極的に聞いてみるといいでしょう。相手は気分よく話てくれるし、こちらも相手が趣味趣向を把握することができます。

案外、機会が無いと、わざわざその人についての話しや、好きな物の話しなんてしないものです。あんたは自分の周りの人が、興味を引くようなことを知れていますか?

聞いているだけで、相手が喜ぶような行動ができるようになるでしょう。

成功している人が使わない言葉、社会的に成功している人たちは、ある言葉を使わない